日本画専攻 自主企画

自然から学ぶ

学内には日本画の畑があり、鶏も飼育しています。

1回生の日本画基礎では、育てた畑の野菜や鶏を実際に前にして、命あるものを写生し、自然の中から様々なものを学びます。

先人から学ぶ

日本画の表現技法は、世界的にみても古くからの技法を残していると言えます。画材の研究や古画の研究を通して先人から学ぶことで、様々な時代を行き来することができることも、日本画専攻が持つ可能性の一つです。

引き継がれるカリキュラム

2回生で行う「地面」と「人体」の課題は何十年も続いている本学独自のカリキュラムです。

自然の造形を手がかりにしながら絵画の基礎を学びます。

制作のための個人スペース、静かな環境で「描く」を磨く

3回生からはゼミが3つに分かれます。

学生自身が選択したゼミで課題を自分で自由に設定し取り組みます。

教員とも距離が近く、学生同士で絵のことを話し合ったりしながら切磋琢磨する学生生活です。

カリキュラムのその後

「見ること」「描くこと」の習慣によって、深い考察力が養われます。その考える力は卒業後の様々な場面で生かされることになるでしょう。

卒業後の進路

・大学院へ進学

・作家として活動

・企業へ就職(ゲーム関係の会社/アニメ関係の会社/​出版社 など)

・教職関係(中高の美術の先生/小学校の専科講師/画塾や美大受験研究所 など)

卒業生より

齊藤邦彦さん(2018年修士課程修了生)

私は現在、京芸在学中から続けている古画の修復の仕事と、高校の非常勤講師を掛け持ちして生活しています。それに加えて、大学院を修了した年からは、農業と言うには小規模ですが、田んぼと畑で米と野菜を育てることを始め、絵のモチーフにもしています。
在学中は主に、日本画の模写や古典的な技法について学びました。中でも、土佐派の絵具の混色の方法について勉強し、沢山の色見本を作った事は、今やっている修復の仕事や自身の作品制作にも活かすことが出来ており、貴重な学びの場を与えてもらった事に感謝しています。

学生インタビュー

日本画専攻の様々な学年の学生や留学生に,日本画専攻での学生生活について聞きました!

受験生へのメッセージもあります。

日本画専攻2年生

髙田 紗衣

1/4

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


2 回生の後期に課題として人体を描くのですが、それの延長として人体を対象に選び制作しています。画面における構成要素としての線が空間にもたらす効果を考えたり、植物のもつフォルムを人体に関連付けるために写生やドローイングを行いながら下絵を作り、日本画材で描画しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


私は高校時代に油画を専攻していたのですが、生涯にわたって絵を描くことを考えた時に本当にこの画材、方法でいいのだろうかと悩むことがありました。それぞれに名前こそ付いているけれど油画ってなんだろう、日本画ってなんだろうという問いは実際に自分で経験して答えを探さないと分からない、そう思ったのです。そこで大学にいるうちは今までやってきたモノを観察することを大事にして描く日本画を学問として学びたいと考え専攻することに決めました。画材自体に自然のものを折り込んでいることも、自然と生きている自分にとって興味深い在り方だと思いました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


じっくりモノを観察して描くことから画づくりまで、個人がしっかり考えて思考を育む過程がカリキュラムとして組まれていることが日本画専攻の魅力のひとつとしてあると思います。先生方も学生も皆それぞれの「日本画」の捉え方をしており、様々な考え方に触れて刺激を受けながら自身の制作に反映できることにいつも学びがいを感じています。また技法や材料だったり、写生から本画に至るプロセスだったり、それぞれの学びたいことに応じて、丁寧にチュートリアルや個別指導を行って頂けることも日本画専攻で良かったと感じるポイントです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


現在は美術教育に興味があり、中学と高校の美術の教員免許の取得に向けて大学で勉強しています。教員になるか、一般の企業で働くかは現時点でははっきりとお答えすることはできませんが、美術に関係する職に携わりながら自身の制作も生涯にわたって続けられたらいいなと考えています。




受験生へのメッセージ


今受験を考えていらっしゃる、または興味があるという皆さんは一生懸命に美術のことを考えて日々励んでおられると思いますが、現在のこのような状況で毎日不安に思いながら過ごされているかもしれません。私自身も異例の状況に戸惑い、向かう先を見失う日々でした。しかしそんな時に外に出て、または家の中でゆっくり腰を下ろしてデッサンを行うことにしました。すると不思議と心が落ち着き自分のやるべきことが見えてきたのです。何が言いたいのかというと、受験期に培った基礎は今でも躓いた時に立ち戻る居場所になっていたということです。

京都芸大では入学してから専攻に分かれてそれぞれの制作を行いますが、これは他の大学にない良い特徴だと思います。なぜなら全てに共通する基礎を、受験期に知らぬ間に築き上げることになるからです。そのため辛くてもこつこつとご自身の支えを増やしていって欲しいと思います。皆さんの基礎の先にある作品をお目にかかれることを楽しみに私も応援しております。





日本画専攻3年生

福西 里美

1/4

日本画専攻4年生

山地 文香

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


2 回生の後期に課題として人体を描くのですが、それの延長として人体を対象に選び制作しています。画面における構成要素としての線が空間にもたらす効果を考えたり、植物のもつフォルムを人体に関連付けるために写生やドローイングを行いながら下絵を作り、日本画材で描画しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


私は高校時代に油画を専攻していたのですが、生涯にわたって絵を描くことを考えた時に本当にこの画材、方法でいいのだろうかと悩むことがありました。それぞれに名前こそ付いているけれど油画ってなんだろう、日本画ってなんだろうという問いは実際に自分で経験して答えを探さないと分からない、そう思ったのです。そこで大学にいるうちは今までやってきたモノを観察することを大事にして描く日本画を学問として学びたいと考え専攻することに決めました。画材自体に自然のものを折り込んでいることも、自然と生きている自分にとって興味深い在り方だと思いました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


じっくりモノを観察して描くことから画づくりまで、個人がしっかり考えて思考を育む過程がカリキュラムとして組まれていることが日本画専攻の魅力のひとつとしてあると思います。先生方も学生も皆それぞれの「日本画」の捉え方をしており、様々な考え方に触れて刺激を受けながら自身の制作に反映できることにいつも学びがいを感じています。また技法や材料だったり、写生から本画に至るプロセスだったり、それぞれの学びたいことに応じて、丁寧にチュートリアルや個別指導を行って頂けることも日本画専攻で良かったと感じるポイントです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


現在は美術教育に興味があり、中学と高校の美術の教員免許の取得に向けて大学で勉強しています。教員になるか、一般の企業で働くかは現時点でははっきりとお答えすることはできませんが、美術に関係する職に携わりながら自身の制作も生涯にわたって続けられたらいいなと考えています。




受験生へのメッセージ


今受験を考えていらっしゃる、または興味があるという皆さんは一生懸命に美術のことを考えて日々励んでおられると思いますが、現在のこのような状況で毎日不安に思いながら過ごされているかもしれません。私自身も異例の状況に戸惑い、向かう先を見失う日々でした。しかしそんな時に外に出て、または家の中でゆっくり腰を下ろしてデッサンを行うことにしました。すると不思議と心が落ち着き自分のやるべきことが見えてきたのです。何が言いたいのかというと、受験期に培った基礎は今でも躓いた時に立ち戻る居場所になっていたということです。

京都芸大では入学してから専攻に分かれてそれぞれの制作を行いますが、これは他の大学にない良い特徴だと思います。なぜなら全てに共通する基礎を、受験期に知らぬ間に築き上げることになるからです。そのため辛くてもこつこつとご自身の支えを増やしていって欲しいと思います。皆さんの基礎の先にある作品をお目にかかれることを楽しみに私も応援しております。





日本画専攻修士課程2年生

荻原 風佳

1/4

日本画専攻修士課程2年生

山部 杏奈

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





日本画専攻修士課程2年生

劉 信

1/4