日本画専攻 自主企画

自然から学ぶ

学内には日本画の畑があり、鶏も飼育しています。

1回生の日本画基礎では、育てた畑の野菜や鶏を実際に前にして、命あるものを写生し、自然の中から様々なものを学びます。

先人から学ぶ

日本画の表現技法は、世界的にみても古くからの技法を残していると言えます。画材の研究や古画の研究を通して先人から学ぶことで、様々な時代を行き来することができることも、日本画専攻が持つ可能性の一つです。

引き継がれるカリキュラム

2回生で行う「地面」と「人体」の課題は何十年も続いている本学独自のカリキュラムです。

自然の造形を手がかりにしながら絵画の基礎を学びます。

制作のための個人スペース、静かな環境で「描く」を磨く

3回生からはゼミが3つに分かれます。

学生自身が選択したゼミで課題を自分で自由に設定し取り組みます。

教員とも距離が近く、学生同士で絵のことを話し合ったりしながら切磋琢磨する学生生活です。

カリキュラムのその後

「見ること」「描くこと」の習慣によって、深い考察力が養われます。その考える力は卒業後の様々な場面で生かされることになるでしょう。

卒業後の進路

・大学院へ進学

・作家として活動

・企業へ就職(ゲーム関係の会社/アニメ関係の会社/​出版社 など)

・教職関係(中高の美術の先生/小学校の専科講師/画塾や美大受験研究所 など)

卒業生より

齊藤邦彦さん(2018年修士課程修了生)

私は現在、京芸在学中から続けている古画の修復の仕事と、高校の非常勤講師を掛け持ちして生活しています。それに加えて、大学院を修了した年からは、農業と言うには小規模ですが、田んぼと畑で米と野菜を育てることを始め、絵のモチーフにもしています。
在学中は主に、日本画の模写や古典的な技法について学びました。中でも、土佐派の絵具の混色の方法について勉強し、沢山の色見本を作った事は、今やっている修復の仕事や自身の作品制作にも活かすことが出来ており、貴重な学びの場を与えてもらった事に感謝しています。

学生インタビュー

日本画専攻の様々な学年の学生や留学生に,日本画専攻での学生生活について聞きました!

受験生へのメッセージもあります。

日本画専攻2年生

髙田 紗衣

1/4

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


今は自宅周辺の「地面」を1190×830(mm)サイズの画用紙にクレヨンで描く課題をしています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


幼い頃から墨を磨った時の匂いが好きだったこともあるのですが、中学生の頃に森田春代さんの宝石のように光る作品たちに魅了されて日本画を描いてみたいと思うようになりました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


日本画専攻の一番の魅力はやはり特殊な画材だと思います。

宝石を砕いて作られる岩絵具や水に溶かすと4〜7日で腐ってしまう膠など、繊細で奥深い画材たちが美しいです。

顔料と膠を絵皿に練り合わせていく行為・所作、丁寧に時間をかけるほど絵が応えてくれるところに惚れますね。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


作家として活動できたらなぁと漠然と考えていますが、一筋縄では行かないので教職に就くか、デザインのお仕事も出来るように勉強しています。




受験生へのメッセージ


お会いする機会がありましたら日本画の教室でお話しましょう〜!





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


主に植物を写生し、それをもとに日本画制作をしています。今は自分の好きなものはなにか、を模索しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


日本画の肌質と色合いがもともと好きなのと、じっくり自分と向き合える専攻だと思うので選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


ずっと昔から受け継がれている日本の芸術、というのがまず魅力的です。時間軸がずっと繋がっている感じ。なんかいいな、と思います。

作業工程が複雑で多重になっているのにも魅力を感じます。これから描く絵を大切に育てていっているような感じが好きです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は大学院に進学するつもりなのですが、その先のビジョンはあまり想像できていません。美術に関係することができればと思っています。しかし、どの職に就こうと、結婚しようと、日本画は描き続けるつもりです。日本画から離れる期間もあるかもしれませんが、最終的には戻ってこようと思っています。




受験生へのメッセージ


京都芸大は自然に囲まれていて素敵です。大学周辺にいるだけでアイデアが出てきたりする、不思議な空気感のある学校だと思います。美術が大好きだという人にもってこいの学校です。





日本画専攻3年生

福西 里美

1/4

日本画専攻4年生

山地 文香

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


主に植物を写生し、それをもとに日本画制作をしています。今は自分の好きなものはなにか、を模索しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


日本画の肌質と色合いがもともと好きなのと、じっくり自分と向き合える専攻だと思うので選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


ずっと昔から受け継がれている日本の芸術、というのがまず魅力的です。時間軸がずっと繋がっている感じ。なんかいいな、と思います。

作業工程が複雑で多重になっているのにも魅力を感じます。これから描く絵を大切に育てていっているような感じが好きです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は大学院に進学するつもりなのですが、その先のビジョンはあまり想像できていません。美術に関係することができればと思っています。しかし、どの職に就こうと、結婚しようと、日本画は描き続けるつもりです。日本画から離れる期間もあるかもしれませんが、最終的には戻ってこようと思っています。




受験生へのメッセージ


京都芸大は自然に囲まれていて素敵です。大学周辺にいるだけでアイデアが出てきたりする、不思議な空気感のある学校だと思います。美術が大好きだという人にもってこいの学校です。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


主に植物を写生し、それをもとに日本画制作をしています。今は自分の好きなものはなにか、を模索しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


日本画の肌質と色合いがもともと好きなのと、じっくり自分と向き合える専攻だと思うので選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


ずっと昔から受け継がれている日本の芸術、というのがまず魅力的です。時間軸がずっと繋がっている感じ。なんかいいな、と思います。

作業工程が複雑で多重になっているのにも魅力を感じます。これから描く絵を大切に育てていっているような感じが好きです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は大学院に進学するつもりなのですが、その先のビジョンはあまり想像できていません。美術に関係することができればと思っています。しかし、どの職に就こうと、結婚しようと、日本画は描き続けるつもりです。日本画から離れる期間もあるかもしれませんが、最終的には戻ってこようと思っています。




受験生へのメッセージ


京都芸大は自然に囲まれていて素敵です。大学周辺にいるだけでアイデアが出てきたりする、不思議な空気感のある学校だと思います。美術が大好きだという人にもってこいの学校です。





日本画専攻修士課程2年生

荻原 風佳

1/4

日本画専攻修士課程2年生

山部 杏奈

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


主に植物を写生し、それをもとに日本画制作をしています。今は自分の好きなものはなにか、を模索しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


日本画の肌質と色合いがもともと好きなのと、じっくり自分と向き合える専攻だと思うので選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


ずっと昔から受け継がれている日本の芸術、というのがまず魅力的です。時間軸がずっと繋がっている感じ。なんかいいな、と思います。

作業工程が複雑で多重になっているのにも魅力を感じます。これから描く絵を大切に育てていっているような感じが好きです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は大学院に進学するつもりなのですが、その先のビジョンはあまり想像できていません。美術に関係することができればと思っています。しかし、どの職に就こうと、結婚しようと、日本画は描き続けるつもりです。日本画から離れる期間もあるかもしれませんが、最終的には戻ってこようと思っています。




受験生へのメッセージ


京都芸大は自然に囲まれていて素敵です。大学周辺にいるだけでアイデアが出てきたりする、不思議な空気感のある学校だと思います。美術が大好きだという人にもってこいの学校です。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


主に植物を写生し、それをもとに日本画制作をしています。今は自分の好きなものはなにか、を模索しています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


日本画の肌質と色合いがもともと好きなのと、じっくり自分と向き合える専攻だと思うので選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


ずっと昔から受け継がれている日本の芸術、というのがまず魅力的です。時間軸がずっと繋がっている感じ。なんかいいな、と思います。

作業工程が複雑で多重になっているのにも魅力を感じます。これから描く絵を大切に育てていっているような感じが好きです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は大学院に進学するつもりなのですが、その先のビジョンはあまり想像できていません。美術に関係することができればと思っています。しかし、どの職に就こうと、結婚しようと、日本画は描き続けるつもりです。日本画から離れる期間もあるかもしれませんが、最終的には戻ってこようと思っています。




受験生へのメッセージ


京都芸大は自然に囲まれていて素敵です。大学周辺にいるだけでアイデアが出てきたりする、不思議な空気感のある学校だと思います。美術が大好きだという人にもってこいの学校です。





日本画専攻修士課程2年生

劉 信

1/4