日本画専攻 自主企画

自然から学ぶ

学内には日本画の畑があり、鶏も飼育しています。

1回生の日本画基礎では、育てた畑の野菜や鶏を実際に前にして、命あるものを写生し、自然の中から様々なものを学びます。

先人から学ぶ

日本画の表現技法は、世界的にみても古くからの技法を残していると言えます。画材の研究や古画の研究を通して先人から学ぶことで、様々な時代を行き来することができることも、日本画専攻が持つ可能性の一つです。

引き継がれるカリキュラム

2回生で行う「地面」と「人体」の課題は何十年も続いている本学独自のカリキュラムです。

自然の造形を手がかりにしながら絵画の基礎を学びます。

制作のための個人スペース、静かな環境で「描く」を磨く

3回生からはゼミが3つに分かれます。

学生自身が選択したゼミで課題を自分で自由に設定し取り組みます。

教員とも距離が近く、学生同士で絵のことを話し合ったりしながら切磋琢磨する学生生活です。

カリキュラムのその後

「見ること」「描くこと」の習慣によって、深い考察力が養われます。その考える力は卒業後の様々な場面で生かされることになるでしょう。

卒業後の進路

・大学院へ進学

・作家として活動

・企業へ就職(ゲーム関係の会社/アニメ関係の会社/​出版社 など)

・教職関係(中高の美術の先生/小学校の専科講師/画塾や美大受験研究所 など)

卒業生より

齊藤邦彦さん(2018年修士課程修了生)

私は現在、京芸在学中から続けている古画の修復の仕事と、高校の非常勤講師を掛け持ちして生活しています。それに加えて、大学院を修了した年からは、農業と言うには小規模ですが、田んぼと畑で米と野菜を育てることを始め、絵のモチーフにもしています。
在学中は主に、日本画の模写や古典的な技法について学びました。中でも、土佐派の絵具の混色の方法について勉強し、沢山の色見本を作った事は、今やっている修復の仕事や自身の作品制作にも活かすことが出来ており、貴重な学びの場を与えてもらった事に感謝しています。

学生インタビュー

日本画専攻の様々な学年の学生や留学生に,日本画専攻での学生生活について聞きました!

受験生へのメッセージもあります。

日本画専攻2年生

髙田 紗衣

1/4

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


「境界」をテーマに制作を行い、現在は「東洋的美意識」の境界、その探究と融合を目的とし、日々筆を走らせています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


昔から対象を正確に描くことや緻密に描くことにこだわりがあり、そういった意味で日本画は自分の制作スタイルと合致していると考えました。また、「京都という地で日本画を学ぶ」ということ自体に、一つ意味があるのではないかと思ったからです。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


日本画専攻は3つのゼミに分かれており、自分の制作スタイルに合った先生方を、生徒が選ぶことが出来ます。また、それぞれのゼミでは先生方が、優しく(時には厳しく?)ある程度の距離を保ちつつ指導してくださいます。制作をするうえでの疑問や質問があれば、基本的にすぐに対応してもらえます。

また、近年ではかなり自由の効く制作が出来、生徒たちの沢山のチャレンジを認めてくれる土壌が出来ているように思えます。

岩絵の具や膠、土絵の具等々の実物が展示してある部屋もあり、日本画画材の美しさに惹かれた画材オタク予備軍の方にも、日本画専攻はオススメです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は、中国文化に学部生時代から興味があり、山水画や花鳥画における筆法について、より深く学びたいという思いがあります。そのため中国への留学を考えています。古典をより深く学ぶことが、自分の作品をさらなる高みへと導いてくれるものと信じています。

そして、人と人だけではなく、国と国さえも繋げることが出来るようなアーティストを目指したいと思います。




受験生へのメッセージ


日本画専攻は一見不自由な専攻に思えるかもしれません。絵具は一色一色作らなければいけないし、膠はすぐには溶けないし、一度描いたら消せないし、思い立ったらすぐにチューブを絞り出して描けるわけでもありません。でも、だからこそ、その一筆には画家の命が宿り、皿の上には、混じりけの無い美しい色が広がります。

朝、教室に入り、膠をゆるりと溶かし、「さてどう描こうかな」と、描きためていた写生や下絵をながめ思案する時間、その空白も、実は日本画にしかない魅力かもしれません。大きな白い画面に目を落とし、どんな宇宙を描こうか。モチーフは?構図は?岩絵の具は?支持体は?筆は?墨は?そう、日本画は案外自由なのかもしれません。

制作をする上での「モチーフを観察する力」と「描写力」これは受験の時に培った力といっても過言ではありません。長いようで短い受験期間、辛い時間かもしれませんが、その努力はきっと絵に役立つものであると思います。皆さんが京芸で日本画を描ける日を願っています。頑張ってください!





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


「境界」をテーマに制作を行い、現在は「東洋的美意識」の境界、その探究と融合を目的とし、日々筆を走らせています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


昔から対象を正確に描くことや緻密に描くことにこだわりがあり、そういった意味で日本画は自分の制作スタイルと合致していると考えました。また、「京都という地で日本画を学ぶ」ということ自体に、一つ意味があるのではないかと思ったからです。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


日本画専攻は3つのゼミに分かれており、自分の制作スタイルに合った先生方を、生徒が選ぶことが出来ます。また、それぞれのゼミでは先生方が、優しく(時には厳しく?)ある程度の距離を保ちつつ指導してくださいます。制作をするうえでの疑問や質問があれば、基本的にすぐに対応してもらえます。

また、近年ではかなり自由の効く制作が出来、生徒たちの沢山のチャレンジを認めてくれる土壌が出来ているように思えます。

岩絵の具や膠、土絵の具等々の実物が展示してある部屋もあり、日本画画材の美しさに惹かれた画材オタク予備軍の方にも、日本画専攻はオススメです。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


私は、中国文化に学部生時代から興味があり、山水画や花鳥画における筆法について、より深く学びたいという思いがあります。そのため中国への留学を考えています。古典をより深く学ぶことが、自分の作品をさらなる高みへと導いてくれるものと信じています。

そして、人と人だけではなく、国と国さえも繋げることが出来るようなアーティストを目指したいと思います。




受験生へのメッセージ


日本画専攻は一見不自由な専攻に思えるかもしれません。絵具は一色一色作らなければいけないし、膠はすぐには溶けないし、一度描いたら消せないし、思い立ったらすぐにチューブを絞り出して描けるわけでもありません。でも、だからこそ、その一筆には画家の命が宿り、皿の上には、混じりけの無い美しい色が広がります。

朝、教室に入り、膠をゆるりと溶かし、「さてどう描こうかな」と、描きためていた写生や下絵をながめ思案する時間、その空白も、実は日本画にしかない魅力かもしれません。大きな白い画面に目を落とし、どんな宇宙を描こうか。モチーフは?構図は?岩絵の具は?支持体は?筆は?墨は?そう、日本画は案外自由なのかもしれません。

制作をする上での「モチーフを観察する力」と「描写力」これは受験の時に培った力といっても過言ではありません。長いようで短い受験期間、辛い時間かもしれませんが、その努力はきっと絵に役立つものであると思います。皆さんが京芸で日本画を描ける日を願っています。頑張ってください!





日本画専攻3年生

福西 里美

1/4

日本画専攻4年生

山地 文香

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





The startup edge: culture change to stay ahead of the curve


Working with startups helps corporates ride the wave of digital transformation, according to Nirupa Shankar, Executive Director, Brigade Enterprises. “If you want to lead, you need to stay ahead of the curve and keep your ear to the ground,” she explained.

The company’s Real Estate Accelerator Programme (REAP) has graduated over 20 startups across five cohorts already, since its launch in September 2016. Over 60 percent of the graduated startups are working with Brigade. Domains include clean-tech, AR/VR, IoT, smart buildings, and smart city. REAP’s industry partners are Microsoft, Bosch, Cisco, and CBRE.

Startups selection factors span business contribution, future investability and even coachability. Brigade managers’ new KRAs include embracing innovation and going out of the way to help cohort startups, who may face unexpected issues in terms of family and finances.




Intrapreneur skills and mindsets


Intrapreneurs are those who are creative and critical thinkers, can work in unpredictable circumstances, take initiative and ownership on their own, and navigate the corridors of power and politics in large firms. They are self-starters, and convert their passion into concrete projects.

They are able to cultivate influencers in the corporate ecosystem, and align their individual ideas with overall company objectives. Intrapreneurs have grit, resilience, and risk appetite, which helps push beyond the phase of ideation and early prototypes. This enables survival in a VUCA world, according to Shirin Salis, Vice President - HR, Ingersoll Rand India.

Intrapreneurs have a growth mindset, and help the parent companies not just leapfrog into new business spaces, but pole-vault into them, particularly in the age of digital disruption. Intrapraneurs don’t just work beyond their usual job description, they even re-write these specifications.

Other qualities of intrapreneurs along with case studies were described by Shoaib Ahmed, Chief Catalystor, former President at Tally; MS Ramesh, Senior Engineering Director, Unisys; Simeran Bhasin, Co-founder at BRAG; and Rohini Srivathsa, National Technology Officer, Microsoft India.




Organizational approaches: the 4P's framework


A useful framework to assess maturity of organisational intrapreneurship is the ‘4 Ps' framework, according to Puja Kohli, CEO of Unfold Consulting. This consists of purpose, principles, people and practices. Purposes can include geographical expansion or new product development. These are driven by principles such as decentralisation, local innovation, and deeper engagement.

People skills for intrapreneuring can be built via mentoring, training, new competency frameworks, and leadership support. In practice, this can be achieved by incentive programmes, new performance metrics, cultural transformation, and collaborative platforms. Examples include HCL’s Value Portal and MAD Jam, as well as Cisco’s ThingQbator. Hackathons and hackfests are other common approaches. Such initiatives need to be branded and promoted appropriately.

The ‘4 Ps’ framework can also apply for accelerators: speeding up time to market, alignment with compatible startups, IPR agreements, workspace re-design, corporate venture funds, and equity arrangements. Other startup engagement variations include startup connect platforms, open innovation, and promotion of social good.




Intrapreneurship hubs


To enable open mindsets and fresh energy, some companies have chosen to set up separate centres for intrapreneurship. Volvo’s CampX in Gothenberg, Sweden brings together startups, academics, regulators, investors, customers, business partners and internal innovators to speed up collaboration on new technologies and business models, explained Kamal Bali, Managing Director and President, Volvo India.

CampX was opened last month, and a similar centre will be opened in Bengaluru later this year. The co-creation initiative will combine experimentation with accountability, as innovators flesh out specific solutions for big audacious goals such as reducing carbon footprints by 50 percent, according to Kamal.




Standardization along with innovation


Corporates need to balance free flowing innovation along with standardisation and alignment. For example, Toyota has standard operating procedures, but employees are encouraged to innovate and improve these procedures.

Managers are expected to continuously drive such innovation and create new standards, according to Sreekanth Arimanithaya, Global Talent Leader at EY GDS. Employees are given training in standardised processes as well as innovation techniques like TRIZ, he added.




Top-down and bottom-up; inside-out and outside-in innovation


Some corporate intrapreneurship initiatives are structured by top-down directives, others promote bottom-up innovation by employees. It is difficult to order people to collaborate across boundaries, but this kind of collaboration will be the new way of working, according to some of the speakers.

While top-down initiatives may seem more focused, the diversity and scale will be opened up only up by bottom-up participation. Similarly, internally-generated ideas may have broader appeal outside parent tech stacks, and outside innovators may offer better value proposition for current customer networks.

Disciplines like knowledge management can help develop competencies in these four types of innovation flows, via compilation of best practices, communities of practice of intrapreneurs and startup alumni, and AI tools for optimising performance.




Drivers for intrapreneurship


From internal and external contexts, there is a strong need for intrapreneurship in large organisations. Businesses need to become environmentally sustainable, inclusive, diverse, agile, and digitally transformed. They also need to become more cross-functional and multi-disciplinary in problem-solving, and be able to find non-traditional partnerships in the pursuit of new business models.

Companies like Ingersoll Rand India hired employees who had entrepreneurial skills to work in the head office for two years and then set up solutions businesses in new Tier II or III cities, according to Venkatesh Valluri, Founder and Chairman, Valluri Technology Accelerators and Valluri Change Foundation.




Interpreting failure


Innovation should not be left only to the innovation department, and people should not stereotyped or pre-judged about their ability to innovate. “Innovation should be mainstreamed,” advised Sreekanth of EY GDS. From the janitor to the CEO everyone can innovate, he said.

Companies should invest in training employees in creativity and innovation. They should not focus only on those who have creative or extroverted personality types. Even those whose initiatives may not succeed come out of the intrapreneurship programme with a more holistic view of the business. This can be a powerful engagement and retention tool, explained Chandrashekhar Raman, Global Lead, thingQbator programme, Cisco.

Some companies expect intrapreneurs to find time to work on new ventures over and above the normal job duties. Alternatively, they can be given partial time off from regular work to pursue innovative ventures, or even be allowed to move fulltime into these new projects.




Mainstreaming innovation


Innovation should not be left only to the innovation department, and people should not stereotyped or pre-judged about their ability to innovate. “Innovation should be mainstreamed,” advised Sreekanth of EY GDS. From the janitor to the CEO everyone can innovate, he said.

Companies should invest in training employees in creativity and innovation. They should not focus only on those who have creative or extroverted personality types. Even those whose initiatives may not succeed come out of the intrapreneurship programme with a more holistic view of the business. This can be a powerful engagement and retention tool, explained Chandrashekhar Raman, Global Lead, thingQbator programme, Cisco.

Some companies expect intrapreneurs to find time to work on new ventures over and above the normal job duties. Alternatively, they can be given partial time off from regular work to pursue innovative ventures, or even be allowed to move fulltime into these new projects.




Research initiatives


Participating in industry research initiatives is a useful way for companies to assess and improve their intrapreneurship programmes. Unfold Consulting has partnered with Unisys for a research report on intrapreneurship, and Accenture for a report on corporate accelerators.

Participants for the intrapreneurship study included SAP, IBM, Tata Elxsi, HCL, Mindtree, Unisys, Cisco, and Bosch. Over 15 companies participated in the accelerator study, such as Accenture, Axis Bank, Bosch, Brigade, Grant Thornton, Oracle, Societe Generale, Target, and Yes Bank.




Navigating the bumpy road


Despite having clarity on the above framework for intrapreneurship, many companies face roadblocks along the way, according to Avnish Sabharwal, Managing Director, Accenture Ventures and Open Innovation. These arise from difficulty of integrating radical ideas into the existing “mothership,” lack of incentive to cooperate across vertical lines, and fear of failure by employees who do not want their performance appraisal to be adversely impacted.

Some companies may at best tolerate failure, but celebrating failure is an altogether different dimension. Some top managers are also uncomfortable with dissent, Avnish cautioned. Intrapreneurs also don’t have as much risk appetite or uncertainty tolerance as early-stage entrepreneurs, who do not have the luxury of a corporate safety net and a regular paycheck. Entrepreneurs are like well-diggers (who may not find water), whereas intrapreneurs are like plumbers (who know there is water but just have to re-route it).

Furthermore, some companies’ startup engagement approaches are largely limited to “startup tourism” and “startup zoo,” Avnish observed. There is also a “PoC mafia,” who expect startups to do proofs of concept for free, he cautioned.




The product route


Product management is a step towards intrapreneurship, according to Pinkesh Shah, Executive Board Member and Senior Faculty at the Institute of Product Leadership (IPL). It helps engineers think beyond technology issues to design, customer connect, and business value. IPL aims to create 10,000 intrapreneurs in the next few years, Pinkesh said.

Making big bold products also delivers greater satisfaction over the long run, if innovators heed their calling. “Intrapreneurship takes you outside you comfort zone, and work on the impossible,” said Manish Gupta, Co-founder and CEO, VideoKen, and Professor at IIIT Bangalore. “You will be known for a few big successes rather than many incremental successes,” he added.




Intrapreneur & Entrepreneur: Best of both worlds


Companies like Bosch are successfully tapping innovative ideas from the outside as well as in, explained Debasis Goswami, Head, Open Innovation, New Growth Programs, Robert Bosch Engineering and Business Solutions. It avoids the “graveyard of pilots” by engaging business heads as well as potential customers for innovative ideas.

The external initiative is called DNA (Discover, Nurture, Engage), and is an accelerator programme for startup cohorts in 16-week periods. Internally as well, hundreds of ideas are submitted by employees, but structured ideation and team selection is used for technology development and business traction.




The trick of timing


Sometimes, the right idea can come up in the right industry, but is brought to market at the wrong time – either too later, or too early. For example, IBM Research came up with a model called Spoken Web, with voice sites in addition to websites.

This would have been a good fit for telco VAS in the 2G era, according to Manish – but by the time IBM moved on this, the industry had switched gears into the data-centric 3G era and the opportunity was lost. Perhaps this can be revived in the era of "video, voice and vernacular?"




Startup spinoffs


The conference also featured case studies of two startups that were launched by internal initiatives at Bosch and SAP. For example, chatbot startup Inversation was incubated, launched, and scaled by SAP.io, according to co-founder Hemant Rachh.

It won the internal pitch competition InnVent, and built its solution on AWS and not only on SAP. It was ultimately chosen as one of two startups from a pool of 500 contestants from SAP.

In sum, intrapreneurship and accelerators benefit not just the parent organisation, but the broader startup ecosystem and the country as a whole. “India needs as many intrapreneurs as entrepreneurs,” said Anil Rao, Professor at WeSchool.





日本画専攻修士課程2年生

荻原 風佳

1/4

日本画専攻修士課程2年生

山部 杏奈

1/3

今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


学部から継続して、布のある風景をモチーフに制作をしています。自分に最も近い空間である自宅の風景を通して、そこにある布が光や空気を含んで奥行きを作り、不意に現れるごく個人的な美しさを自分の光景として画面に定着させたいと思っています。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


受験期に最も影響を受けたのが日本画の色彩や、緊張感のある線でした。特に美人画のすっきりとした衣の表現には強い憧れを持っていました。

上村松園や岡本神草の作品も目にしていました。

京芸がそれらの様々な日本画家の学んだ場であることを意識し始めたことと、日本画に進もうと決めたことはどちらが先だったかはあまり覚えていないのですが、日本画専攻を選んだ理由の一つだと思います。

現在は、思っていた日本画とは違う仕事をしているかもしれませんが、ルーツにはあの時憧れた日本画が確かにあります。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


自分の制作の形を丁寧に見つけられることだと思います。

写生に重きを置いた、見ること・捉えることを身につけられるカリキュラムは、現在も自分自身の制作の中で必要不可欠な骨格となっています。その確かな骨格を学べたからこそ、様々な方法を試し、検証していくことができていると思います。

また、広い興味にも柔軟に間口を開いていることも魅力の一つです。

修士課程では、特殊演習として自分の制作・研究とは別に研究テーマを設定します。特殊演習のテーマは、必ずしも自分の制作に直結していなくても良いのが特徴です。私自身は修士1年の時に布を使ったコラージュを行ったりしていました。全く関係が無いと思われた内容でも、最終的に得られる結果は不思議と自分の制作に生きてくる、有意義な遠回りをすることができます。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


就職予定ですが、制作は続けたいと思っています。幸い、沢山の先輩方や身近な人間に卒業後も絵を描き続けている方々がいるので、見習いながら自分もそうありたいです。




受験生へのメッセージ


入学して、期待以上の時間になるか、そうでないかは自分自身の取り組み方によると思います。

ですが、自分の興味に対し、真剣に取り組めば取り組むほど、応えてくれるのが京芸だと思います。

2023年度には新しいキャンパスへの移転も予定されていて、よりひらかれた場となっていく京芸で学ぶことができる皆さんが少し羨ましいです。

芸術を志す皆さんが、一人ひとりにとって心地よく、刺激的な場で学べることを願っています。





今あなたが制作している内容について簡単に教えてください。


松柏美術館で収蔵された上村松園1922年に制作された「楊貴妃」の模写研究です。

この作品は上村松園が中国の唐時代の文人白居易の「長恨歌」という詩の内容を理解し、描かれた作品です。松園が描く女性像の美しさを理解し、表現の模写研究を行います。




日本画専攻を選んだ理由はなんですか?


元々油絵出身で、日本に来る前は日本画のことを全然知りませんでした。偶然、山種美術館で日本画の展覧会で上村松園の美人画を観て、その魅力に惹かれました。その後色々学んでいくと、日本画の源流は中国美術にあることを知り、様々な可能性を感じました。京都市立芸術大学は日本で最も古い芸術系の学校で、上村松園は京都市立芸術大学の日本画出身です。その大学で学びたいと思い、京都市立芸術大学の日本画専攻を選びました。




あなたの考える日本画専攻の魅力を教えてください。


日本画(中国では岩彩画と呼ばれます)の制作技法は古来ずっと継承された方法です。岩絵具は天然鉱物を原料としていますので、百年、千年と残ります。モノは人より長い時間存在すると思います。日本画の制作方法と素材の用い方、表現に感銘して、どうしても日本画表現を修得したいと思っています。先人の素晴らしい作品を学びたいと考えます。今、制作した作品が、子孫後代に伝わることは文化の継承になります。「稽古照今」という言葉に共感しています。




大学を卒業した後の将来像について教えてください。


卒業後、日本画模写の仕事しながら日本画を創作します。

日本画の可能性を幅広くしたいと思います。自分の作品が、自分の人生よりも長い時間存在する、人々に覚えてもらえるように頑張ります。




受験生へのメッセージ


今年は新型コロナウイルスの影響で、授業と生活は多少不便になりました。このような時期に先生たちは学生が勉強しやすい環境を作って、様々なアドバイス、意見をくれます。とても励みになりました。受験生の皆さん、この京都市立芸術大学で学ぶ機会が得られますよう、心からお祈り申し上げます。





日本画専攻修士課程2年生

劉 信

1/4